FC2ブログ

記事一覧

坂巻藩お戯れ2「それぞれの役目」その5「湯殿にて」

坂巻藩お戯れその①はこちら

本編、その2の最初から読む場合はこちら

■湯殿にて

(まあ..こんなところか..)


心情的に、昨夜の挽回を、と意気込んでいた宗広は、波路との会話に続く紫乃との会話を少々期待していたところもあった。

だが、思ったより素っ気ない紫乃の様子に少し肩透かしを食らったような感じを受ける。


(堂々としよう。女々しく無いように..)


紫乃が扉を開けた先の小部屋の中央に立つ。

昨夜、彼女にしてもらったことを思い出し、身を任せる。


「では失礼を....」


紫乃が宗広の前で腰を屈めた。

腰帯を外し、裾を開く。


「うむ...頼む」


両手を左右に広げて、紫乃の作業を助けてやる。

しゅる...しゅる....

衣服が外され、小袖も脱がされた。


(下帯...)


宗広の意識したところで、声を上げるわけにはいかなかった。

さも、平然と気にも止めない、といった風を装う。

「失礼を...」


少し硬めに結ばれていた下帯の結び目を、紫乃が外した。

3度ほどくるくると解き、そして取り去る。

(ああ....)


露わになった自分自身。


紫乃が、下帯を取り去った瞬間に、一度ちらっとそれを視線に入れたのが分かった。

(今....)


どくどくと鼓動が早まる。


(落ち着け、落ち着け...)

(落ち着け...)


動くことも叶わず、紫乃が小袖や下帯を丁寧に畳み直すのを眺めていた。

湯殿では、昨夜と同じように振る舞う。

まず最初に湯船に浸かり、しばらくはそこで、目をつぶった。


(どう..なるか...)


湯殿の部屋の端に紫乃が控えているのを意識せざるを得ない。


(俺は..)

(いつか、彼女達を意識せずに風呂に浸かれるような日が来るのだろうか...)


そう考えて目をかっと見開いた。


(今日は...紫乃に任せよう)


昨夜の自らの股間を自分自身で洗ったこと、逃げるように湯殿から立ち去ったこと、それらは全て情けないことと自覚される。


(今日は..違う...)


勢いよく湯船から立ち上がった。


紫乃がそれに気づいて一瞬、こちらを向き、そしてまた視線を下に向けた。


「お上がりで...」


「うむ...」


宗広は、紫乃が差し出した腰掛けに腰を下ろした。


「では....」


昨日と同じように、紫乃が糠袋で揉み洗う。


じゅっ....じゅ.....じゅっ....じゅ...


糠袋が水分を出し入れする音が響き、こそばゆいような、少し痛いような感覚。


それは幾つかあり、背中が終わると、腕には新しいものを使った。


「痛ぅは...ございませんか?」


紫乃が手を止めて声をかける。


「うむ...大丈夫」


声に反応して少しどきっとした。

宗広が言葉を選んで返答する。


さらに糠袋での洗いは続き、腰の部分が終わると一旦湯をかけてくれた。


そして何度目かの

「失礼...」


という言葉とともに、彼女が立ち位置を変える。

「御指を...」

紫乃が宗広の足指を手にした。


一本、一本、慈しむようにゆっくりと、丁寧に揉み洗われていく。


(ああ......なんと..)


足の指を洗われるのが、これ程までに心地よいとは思わなかった。

これまでにも、旅路の本陣の上がり口で湯を貰い、小姓が足を洗うことはあった、


(ただ...)


紫乃のそれは違った。

細い指先が絡みつくように、優しく洗っていく。


「ぁぁ....すまんな..」


思わず、声が出る。


「?」

紫乃が宗広の顔を見た。


「いかが...いたしました?」


その顔は湯気の立つ暗い部屋の中で美しく見える。

(ぁぁ...)

再び鼓動が速くなる。

「いや...何でもない..」


そう答えて目をつぶる。

足指が敏感になっていた。


宗広はその快感を真正面から受け止め、悶えを堪える。


そのせいで、紫乃が

「では..失礼を..」


と足指洗いを終え、宗広の股間を洗おうとしていた事に気付かなかった。


彼女が宗広の太ももに手をかけ、左右に開いたとき、宗広の彼自身が大きく隆起していたことも...



「あ..」


宗広は思わず声を出した。

そして目を開ける。

目に映るのは隆々と、天を衝いたそれ。

紫乃がそれ、に視線を合わせたのも分かった。


(ぁぁ....)


沸き起こる恥ずかしさと、堂々としなければならないという思い。


「済まぬ....」

その言葉が出た。


「いえ....」


紫乃は伏し目がちにそう言い、恐る恐るその屹立した宗広自身に手を伸ばした。

その6へ続く


何卒・・何卒・・・↓


(C)2017 体験談 :あたたら 無断転載禁止

フリーエリア

タグクラウド