FC2ブログ

記事一覧

ピロートーク夜話

ピロートーク夜話仕事帰りに裕子と飲んでちょっと誘ってみたら付いてきた。あり得ない状況だったんだが、彼女に理由をきいてみると、彼氏と別れ話が出ているとのこと。彼の事がムカついて、むしゃくしゃして誰か他の男とSexしたい気分だと言う。(ラッキー)絶妙のタイミングでカマを掛けることに成功した自らの幸運を喜んだ。そして、「このチャンスを」、とばかりに彼女の気が変わらないうちに近隣のホテルへ連れ込み一戦したん...

続きを読む

赤羽駅でキャバ嬢とホテルへ

赤羽駅でキャバ嬢とホテルへ非エロかな。キャバ嬢と先日ホテルに行ったんだがそれまでの経緯を説明する。JR赤羽駅東口の、角にあるコンビニの前でその娘は立っていた。きっかけは彼女からの声かけ。「お兄さん、一緒に飲みましょうよ」「ねぇっ…」仕事帰りで、ふらっと歩いていた俺にふらっと声を掛けた彼女。見た目は10代。だが話しかけてきた彼女に一応は念のため(条例に違反しないように)だが年齢を確認してみると21歳とのこ...

続きを読む

童貞を失った夜のこと (その4 擬似Sex編)

最初から読む場合、「童貞を失った夜のこと (カラオケ店編)」はこちらから前回の話、「童貞を失った夜のこと (その3 一緒にお風呂編)」はこちらから「ん....っ...」藤野さんが息を押し殺した呻きを発した。ん..ちゅ..っ.....ちゅ...にゅ....「ぁあ...はぁぁ...」そして彼女がしているのは俺のペニスを持ち、自らの性器に押し付け、擦り付ける行為。「ふ...藤野...さん...」「ぁぁ...」「だ..だめです...ぅ..」先っぽがぬめって、...

続きを読む

童貞を失った夜のこと (その3 一緒にお風呂編)

最初から読む場合、「童貞を失った夜のこと (カラオケ店編)」はこちらから前回の話、「童貞を失った夜のこと (その2 藤野さんの家編)」はこちらから「ん....っ...」唇が吸われ、舐めまわされる。彼女の舌が這入ってきて、俺の舌を探す。「んぁ..」浴室に入ると、藤野さんは積極的に俺の身体に組みつき、激しくキスをしてきた。「ぁ....」「藤野..さん..」口が持っていかれそうな程の刺激。それに対して、彼女の豊かなおっぱいが、...

続きを読む

結婚してますしおすし〜歳下男性との不倫

「結婚してますしおすし」32になる女が、一回りも若い新入社員の男性に告白された時、冗談でそんな風に言ったのだけれど無駄だった。「分かってます」「分かってますけれど …でもっ」小柄な私は、並よりも大柄で体育会系のがっちりした彼の腕に抱きすくめられ、身体の自由を失った。「ちょっ…」「ちょっと…石田っくん…」慌てて抵抗するも叶わない。「や…っ…やめっ…!」「んっ…」そのまま唇を奪われた。「っぁ…んん…」私が普通の女...

続きを読む

女性向け自慰用メモ (後輩の男子)

女性向け自慰用メモ (後輩の男子)私 :27歳 独身、都内で働いている竹内 :会社の後輩、頼りない女子同士で飲み会があり、千鳥足で駅までの帰り道を歩いていたら会社の後輩、竹内に会った。仕事の話とか、趣味の話とか、とりとめのない話をあれこれとしているうちに意気投合した。彼は1軒目、私は2軒目の店へと向かう。そこで呑んでいたら妙な雰囲気になって、何故か彼の家に行くことになった。「どうしてだろう、何故だろう...」私...

続きを読む

警備の新人女性(36歳)とシテしまった

勤めている警備会社に初の女性が来たんだが早速ヤってしまった..その時の話をしたいと思う。彼女が配属されたのは某乗り換え駅の整理役をする地区。普段は俺だけが担当なんだが、春の繁忙期のヘルプ、と言う事で女性(36歳主婦)が配属されて来たんだ。彼女はどんな女性かと言うと、髪の毛を編み込んでスッキリとさせたはっきり言って美人。どうしてこんな職場に?と聞いたら、「給料が良かったから」と答えた。あっけらかんとしたそ...

続きを読む

サングラスさえかければ恥ずかしくない

サングラスさえかければ恥ずかしくない「サングラス掛けたら、恥ずかしくないだろう?」付き合って2年になる彼氏がそう言った。それもそうかな?と一瞬思ってしまったのがその時の私の馬鹿なところ。そしてその最初にバカをしたのは海水浴。由比ヶ浜の海水浴場だった。「水着を買ってあげる。」シーズンインしたばかりの海水浴に誘われて、ウキウキ気分の私。彼が連れていったのはイケイケな店。そして彼が選んだのはビキニタイプ...

続きを読む

宅配便の受付センターで彼氏とシテたら見られてた

宅配便の受付センターで彼氏とシテたら見られてた先週、職場の某宅配会社の受付センターで店番中に彼氏が来た。夜遅くだったので、誰も来ないと思って盛り上がってシテたら、たまたま顔を出したドライバーに見られてた。という話をします。その時のことーーざっくり書くと、私の仕事は某電気街の外れあたりにある街中の集配センター。分かる人は分かりますよネ?大手から中小まで様々な宅配業者が出張所を抱えていて、沢山の電気街...

続きを読む

足首フェチとか言うやつ

足首フェチとか言うやつ昔、ろくでなしブルースの悪キャラ(葛西だったかな?)が、「足首が細い女しか許せねぇ」みたいなのを見て、非常に共感した。彼はルーズソックス華やかなりし頃の学生の足首を見させて「太い」と憤慨していたような気もする。何はともあれその時以来、自分は足首フェチ、そう言うのが好きなんだと認識。それも、細くて、しっかりとふくらはぎの下の部分がくびれているの。そてしか受け付けない。思春期のあた...

続きを読む

フリーエリア

タグクラウド