FC2ブログ

記事一覧

酔って好きだと言った結果...

当方、彼女あり28歳の会社員先日、会社の同僚と飲みに行って、酔った勢いで「好きだ。付き合いたい」と言ったところ、ひと騒動になった。その時の話会社の同僚 ー 由香里は2つ下の26歳目立たない性格で、控えめな彼女は会社の並み居る女性の中じゃパッとしない方。だが、付き合いが長い彼氏がいる、と聞いていたので互いに彼氏彼女がいるどうし、変に意識する事なく、気軽に飲みに行ける間柄だった。そんな彼女と今月何回目かのサ...

続きを読む

11位 「お礼におごらせてください」 

男が女を誘うシチュエーション(20~30代の独身女性が選ぶ『下心バレバレの誘い文句』ランキングより)11位 「お礼におごらせてください」 半年かけたプロジェクトが終了し製品を納品したが、稼働後の初の週末でアベンドが発生。社をあげての対応策に追われた。そんな中、一般職の私も徹夜を命じられて雑務に没頭。家に帰ることも、風呂に入ることも叶わずの仕事。ようやく解放されたのは月曜の夕方。ふーっ....、帰ろう。と思った...

続きを読む

とにかく顔射好きな女と出会った

今の会社に入ったばかりの頃、付き合っていた、というか、合コンで知り合ってそのままお持ち帰りし、ずるずると関係が続いていた女がいた。女の名前はさおり、と言い、身長は160センチくらい。痩せても太ってもいず、普通の体型。顔はまあ可愛い方、乳は結構大きかったと思う。そんなさおりは、昔の彼氏に仕込まれたのか、とにかく顔射されるのが好きだった。初めてイタしたとき、「俺っ...そろそろ..」と言うと、「お願い!ねっ.....

続きを読む

12位 「お土産を渡したいので会いませんか?」

男が女を誘うシチュエーション(20~30代の独身女性が選ぶ『下心バレバレの誘い文句』ランキングより)12位 「お土産を渡したいので会いませんか?」 大学生活最後の夏休み、しばらく実家に帰っていた私は同じゼミの雄太から電話をもらった。「お久しぶり。いまさー。ヨーロッパから帰ってきて成田。」雄太は夏休み始まってすぐに旅行に出かけると言っていた。どこに行くかは聞いていなかったので、ヨーロッパに行っていたのだと今...

続きを読む

13位「家の近所に美味しいレストランがあるから行ってみない?」

男が女を誘うシチュエーション(20~30代の独身女性が選ぶ『下心バレバレの誘い文句』ランキングより)13位 「家の近所に美味しいレストランがあるから行ってみない?」会社の先輩、高井さんに言われた。「俺の家の近くにさ、美味しいって評判のイタリアンがあるんだけど、どうかな」仕事終わり、エレベーターホールで下り行きを待っている時の話。「え.....イタリアン...ですか?」素直に反応する。「うん...パスタが美味しい店だ...

続きを読む

誰だか分からない手

大学生の時、サークルの合宿で泊まった伊豆高原の宿。そこであった話。最終日の夜、サークルの部員20名くらいで飲み会を実施。俺=21歳 大学生3年生、男は部屋の端の方で飲んでたんだけど、いつの間にか寝入ってしまっていたらしい。............... 尿意を感じ、起きたらもう部屋の灯りは消えていて、あたりは真っ暗。トイレを済ませて元いたあたりに寝転んだあと、ウトウトとし始めた時にそれは起こった。(!!)どこからともなく...

続きを読む

年上の彼女、女子寮で(後編)

前編からの続き浅いシックスナインの格好で、互い違いの姿勢になった俺は、久美の胸元の真下から、上を見た。目の前には覆い被さる彼女の白いシャツ。ふわっとして鼻先に触れる。くすぐったいようで、少し嬉しい。生地からは、柔軟剤の匂いがした。「俺……俺…………」「たまんない…………ねぇ…… 」「いいの?」うずうずとして、どうしようもなくて、シャツ越しに尋ねた。彼女は少しして答えた。「あの……」「名前、聞いていなかった。なん...

続きを読む

パチンコ屋で1000回転当たりなしの主婦と交渉

連休中のこと。隣に座っていたのは20代後半くらいの女。見るからに主婦っぽくて、あとから聞いてみてもやっぱり主婦だった。俺が打っていたのはガロ。彼女が打っていたのは北斗無双。俺の方はだいたい200回転くらいごとにコンスタントに当たりが来て、大連チャンはしないがそこそこの箱を積んでいた。一方、彼女といえば、赤保留が来ようが兄弟リーチが完成しようが、見事にスルー。朝からの回転数は1000を越えようとしていた。そ...

続きを読む

飲み会での目撃談

サークルの飲み会で酔い潰れた娘も胸を揉み回しているのを目撃した。今でもいいズリネタになっているので書き込みします。今春、サークルの飲み会があった。メンツは新入生と上級生。初めて飲酒する者も多く、自分の限界を知らないヤツらは早々にダウン。俺はワイワイと騒ぐ喧騒を離れて、一人、端の方でチビチビと飲んでいた。23時時過ぎだろうか。とにかくそろそろ帰る、というヤツが現れてきて、残るのは酔い潰れたのか、一人暮...

続きを読む

トイレの個室で美人が泥酔してた

古い話を書くそろそろ時効かと思うんで投下。だいぶ前に、東海地方のある大きな駅を通勤に使っていた。いつものように仕事帰りの23:00頃、地下鉄でその駅についた。暑い季節で、確か半袖シャツを着ていたと思う。汗でインナーぐっしょりと濡れ、その上地下鉄列車内の強烈な冷房。普段でも扇風機をつけっぱなしで寝ては腹をこわす俺は、その日も降りる前から腹の具合の異変を感じていた。地下鉄の駅を出て、乗り換えのターミナル駅...

続きを読む

フリーエリア

タグクラウド