FC2ブログ

記事一覧

新社会人ハンター(@新宿_莉奈)②

前回まで
(入社式帰りのOLをナンパ、ホテルに連れ込んで..)
その①はこちら


「おいで.....」


俺はベッドに横たわり、仰向けになって莉奈を呼んだ。

そして枕元に手を伸ばし、彼女の前でコンドームの包みを破って中身を取り出し、いきり立ったペニスに被せる。

ペリッ...


「ふふ...」


見せつけるようにゴムを被せ、その手を離すと、向こう側に勢いよく跳ねた。

「おいで..」

再び莉奈を求める。


「うん...」



莉奈は竿に触れて、上下にゆっくりとしごいた。

そして長い髪を掻き分けて耳に被せると、俺の膝に手をつき、ゆっくりと跨がる。


「っ...」


莉奈の身体が重なる。
だがまだ這入ってはいない。

彼女はそのまま俺に体重を預けて、キスを求めた。

ちゅ...っ..

ぅっ...


「ぁぁ....」

「莉奈ちゃん.....」


華奢な身体を抱きしめながらキスを交わす。

莉奈からは惜しみない唇と舌による刺激が与えられ、唾液を注がれる。

俺の口の中は彼女の匂いで満ち、口の端からそれが溢れた。



「キス...」


「好き..?」


目が合った際にそう尋ねてみると、莉奈はコクンと頷いた。


「好きよ」

「それでーー...キスしながらするのはもっと...」

「好き....ん」

そう言って莉奈が身体を動かした。

互いの股間が密着度が増し、擦れ合う。


「ん.....」

「んん......」


性器を押し付け合う。

ぐちゅぐちゅとした、いやらしい音が部屋の中に響き、彼女から滲み出たものが俺のペニスを濡らした。


そして亀頭の腹が割れ目に沿って動き、入口を擦り、密着する。


吸い付かれ、ねとつき、少し入った。



「莉奈....ちゃん...」


喉の奥から絞り出すようにそう呻き、彼女の目を見た。


「う...ん...」


彼女も俺の目を見つめていた。


ぐっ...ちゅ.......


亀頭の先がめり込んでいく。

ちゅ..ぅ

ぐっ...ぅ...


「ぁっ....ぁぁっ...!」

「ぁぁぁ....っ..」


ゆっくり、ゆっくりとめり込み、カリ首の辺りで止まった。


「ぁーーー...」

「ん...んっ...」


莉奈が眉をしかめて唸る。

そして俺は彼女の部位の感覚を受けて悶えていた。


「ぁー...」

「いい...」


例えれば、ゴムの輪っかで絞られているような、力強くって弾力性のある刺激。

「っ....」

「凄い....っ...んん...」


莉奈の部分は、入口のところだけで俺を十分に刺激し続けていた。

「ぁぁ..堪んない..」


むにむにと言うよりは、ぐりぐりとした感じで、締め付け、圧迫する。


「堪んないよ..」

「ぁぁ..莉奈...」


ぐっちゅ...ぅ..

にゅっ...っちゅ....


「あぁーーーーーーーー....っ」


奥まで差し入れた。
熱い締め付けがペニス全体を覆う。

同時に、莉奈が長く呻いた。

それを起点に始まる収縮、圧迫。

ぎゅうっ...っ..


「ぁー...」

「締め付け......ぁぁ..」

「きつ...い....」


目を閉じると、莉奈と一体化したような気になって、今日初めて会った彼女へ想いがにわかに湧き始めているような気がした。


その③はこちら


なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)

官能小説ランキング
(C)2018 体験談 :あたたら 無断転載禁止
できればフォローして下さい..(更新情報など、他)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

タグクラウド