FC2ブログ

記事一覧

新社会人ハンター(@新宿_莉奈)③

前回まで
(入社式帰りのOLをナンパ、ホテルへ。シャワールームで愛撫し合い...)
その①はこちら


ぐっ...ちゅっ..

ぐっちゅ...


莉奈と抱き合いながら、腰を動かしていた。

ぎゅうぎゅうっと締め付けられる中で、彼女の背中に手を当て、抱きしめ、求め合う。


俺は彼女の耳に何度も口づけをし、彼女は俺の首の辺りにキスをしていた。


「ね...」

「莉奈ちゃん...」

「ふっ...ぁぁ...いい..っね...」


時折、莉奈と目が合い、笑い合う。

「う...うんっ...」

「うんっ..」



莉奈が苦しそうな表情で頷く。

「気持ち...いい..」

「いい...」

「いいっ..!」


俺の耳元に彼女の声が注ぎ込まれる。
そしてさらにぎゅうぎゅうと締め付ける接合部。


「ぁぁ.....」

「最高.....」


俺は天井を眺めた。

そしれのっぺりとしたそこを見つめながら、腰の動きを止める。


「はぁっ...」

「ぁぁ....はっ......は...」


莉奈が顔をもたげて俺を見た。


「イキ...そう..?」


そう言った後でキスを求められる。

「うううん...まさか...?」

「っふ..」


俺は彼女の問いかけに対して腰をぐいっと突き上げた。


「はぁっ....!」

「やっ..」

その動きに莉奈が反応する。


そして俺の肩に彼女の手の爪が食い込んだ。

「ん....っ..」

「んんん..」


呻いている莉奈の身体を起こし、騎乗位の体勢にする。

莉奈はうまく力が入らないようで、ぐったりとしていて、俺に支えられながら上になった。

「まだまだ...」

「ね...?」



そう言いながら接合部を見る。

ぐちょぐちょに濡れそぼった部分。
ぱっくりと左右に開き、周縁部のひだひだが艶めかしく見えた。

「えっちだ...ね...?」


思わずそこに手を伸ばし、ひだひだの合わさるところ、ぷくっと盛り上がった粒に親指を当てた。

「こことか...」

次にひだひだ。


「こことか..」


「ねえ...?」


指先でなぞるとそこは凹み、周囲からじわっとした液が滲み出た。


「や....やだ..」

「やだ..」


莉奈は首を左右に振って嫌がった。

そして元の姿勢に戻そうと体勢を傾ける。

「だめだめ..」


腕を伸ばしてそれを制止する。


「このまま...ね...?」


上に跨った状態で、莉奈はどうする事も出来ず、虚しく抗うだけだった。

「見たいん...だ...」



そう言い、腰を動かし始めると、莉奈の抵抗は止んだ。


そして口に手を当てて必死で喘ぎを押し殺しながら、刺激を受け止めている、彼女の姿が俺の眼に映るようになった。


その④はこちら

(皆さまの応援が何よりの励みになります。何卒、下の拍手かランキング投票を!)


なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)

官能小説ランキング
(C)2018 体験談 :あたたら 無断転載禁止
できればフォローして下さい..(更新情報など、他)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

タグクラウド