FC2ブログ

記事一覧

同僚(男)と飲んでたらお尻でしたことあるかと聞かれ⑤

最初から読む場合はこちら

前回のお話はこちら


お尻の肉を掻き分け、彼は私を真正面に見据えて、恥ずかしい部分を目にしていた。


「んっ...」

「や...やだ.....恥ずかしい...」


さっき、浴室の中で性行した相手であってさえ、恥ずかしくって、ぼおっして何にも考えられないくらいになる。


「いや....いや..」

「見ないで....」


そう言い、腰を左右に振って彼の視界から逃れようとしたが、叶わない。

彼は私の腰やお尻をしっかりと掴み、離さなず、こんないやらしい言葉を吐きながら、私を一層辱しめた。

「ぁぁ....っ...」

「アソコはぐちょぐちょで、びらびらが....こうなってるね...」

「ここ.....っ...こう...」


彼は指先で敏感な部分をつーっとなぞる。

そして優しくそれをつまんだ。

「こんなにーー...なってるのに..」



次いで、筋に指先を這わせ、指先でにちゃにちゃと突く。


「はっ...ぁ....」

「やっ....やぁ.」


恥ずかしさと刺激で情け無く呻く私。

頭を下げ、四つん這いになった下側から覗き見ると、彼の様子が見て取れた。

「ここ....」

「こんなにーーー」

「なってる....」


ずいっとした、直接的な刺激に、私は背筋をぴんっと伸ばし、叫んだ。


「あっ....」

「ぁ..っ.......ぁーーー」



全身を貫く切ない感じに耐えきれなくなり、思わず姿勢を崩す。

左頰を下にして、そのままうなだれていると、彼の指先が私に這入りこんできた。


「ふふ...」

「仁科のここ、こんな…こんなに…なってる」



ぐちょぐちょと卑猥な音とともに、じんじんと切ない刺激が込み上げる。


彼は指を差し入れ、内側を一通り撫でると、後はそれを曲げて優しく擦った。


ぐっちゅ…っちゅ…

ちゅ…っちゅ…



自分でも嫌になるくらい、いやらしい音が響き、くらくらと意識が遠のくような感じになる。

そして、下半身全体がびりびりとした。


「ぁぁ…いや…」

「...くん、田島...くん...や....やだ..」



耐えきれなくなり、腰を左右に振って抗う私に彼が言う。

「そして....ここ」



「仁科のここ....可愛くって、たまらない。」

「綺麗だよ」




「やっ…!」


ぞわっとした、全身を貫くような感覚に、思わず大きな声を出した。

腰とお尻の筋肉に緊張が走り、身体が硬くなる。


「んっ....ん...」

「んーー...」


「...んんっ!」



彼が触れたのは中心部。

「綺麗だよ…」


「ここ…」



その小さな穴の周りを撫で付け、ふぅっとした息遣い。

その後でちろっとした、直接的な刺激が続く。


「やっ…はっ…」

「ぁぁ…」


その感覚は寒気を誘う程に危うくって、いちいち身体がびくびくと反応を伴う。

背筋にぞわっとしたものが走るのは収まらず、身体が硬いのも取れない。



「本当に…」

「ここ…」


私は彼の声を聞いていた。

目をつぶり、息を止めて、意識を集中させる。

「ぁぁ....」


彼のおでこや、鼻先が私の下半身に触れている感覚があった。

お尻の膨らみや、内股に肌の感覚がする。


そして、その先に彼の舌先や唇と思われる、つんつんと、そしてむにっとした感覚。


「ぁぁ…」


「いや…」


相変わらず、彼の指先は私の身体の中にあり、ゆっくりと蠢ている。

それは内部で、私の一番敏感なところを探しているかのようにゆっくりと、少しずつ位置を変え、強弱をつけて変わる。


そして、お尻の穴が舐められ、突かれる。


「だめ…だめ…」

「だめ…」


同じ言葉を意味なく、反復的に繰り返し呻く。


私には、その時間はとても長くって、ずっと続くもののように思えていた。

次のお話はこちら
(皆様の「拍手」や「ランキングボタン押下」が何よりの励みになります!何卒⬇︎を..)


なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)

官能小説ランキング
(C)2018 体験談 :あたたら 無断転載禁止
できればフォローして下さい..(更新情報など、他)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

タグクラウド