FC2ブログ

記事一覧

同僚(男)と飲んでたらお尻でしたことあるかと聞かれ⑥

最初から読む場合はこちら

前回のお話はこちら


「ん...んっ....」

「んんっ....ん....」


お尻の穴に彼の唇が触れ、舌が這わされてその中を探ろうとしていた。


ぢゅぅ...ぢゅっ.....

ぅ..ぢゅ...


繰り返し、彼が息を吸うたびに、とてもいやらしい音がし、それはそのまま私への刺激へと繋がる。

「ぁぁ...」

「あ"ぁ"っ...」


私の声はくぐもったものになり、動物的な、男性的なものへと変わり...


そして自分の意思とは裏腹に、お尻の穴はより外へ、外へと開放的になり、彼の愛撫を直接に受け入れていく。


「ん...っふ...」

「んん....ふぅ...」

「可愛い...可愛いよ...」


彼はそんな風に、興奮が入り混じった声で呟く。とても、普段、通常でいる時なら情けない、と思うような声で。

そして私を辱める言葉を吐いた。


「ぁぁ...」

「可愛い...こんな....こんなに...」

「んっ....ふ....ん...、小さくって、綺麗な..」


彼の言葉と口付けは私を淫らにさせる。


私は、四つん這いの姿勢で、全てを曝け出した。

腰をつきだし、足を開き、背中を反らせて何もかもを彼の前へ。

そして、行為を拒否する事なく、陰部とお尻の穴を舐めて欲しいとせがむ。


「い..や.....、ぁ..ぁっ......」


「私...なんだか....」

「き...気持ち...いいっ..」


思考回路はとっくに壊れていて、考えるのはただ愛撫を受け入れることだけ。

だから彼から

「ね....ね....」

「いい..?いい..?」


と言われた時も何だか理解が出来ずにただただ、うんうんと頷いた。

「ぁぁ....」

「いよいよ...」


私は彼がのそのそと姿勢を変え、枕元のコンドームを手にした時 ようやく展開を理解した。

(ぁぁ....中へ...)


彼はゴムを素早く装着し、大きくいきり立ったペニスを握った。

そして私の後ろに周り、腰に手を置く。
大きな息づかい。

はぁはぁと息を吐きながら、私のお尻を撫で回している。


「仁科.....俺...」

「とうとう....ぅ..」


その言葉の後、少しして、最初の刺激。


ぐに....


「あっ...!」


彼のペニスの先端が押し付けられ、それを握る彼の手が私の陰部に触れた。

ぐに....

ぐにぐに....


彼のモノが私を押し込み、侵入する。

「ぅぁぁっ....ぁ..」

「ぁぁっ..!」


膣に挿入されるのとは違う、妙な感覚。

「ぁぁっ....」

「はぁっ...!」


すぐにいっぱいいっぱいになって、圧迫される。

ぐーーっと膨らみ、それがずっと続く。

「ぅぁ..」


そして入り口のチクチクとした痛み。


「はぁ...」

「ん.....はぁっ...!」


田島と私が同じように呻き、叫んだ。


そして奥まで。

「ふぅっ....ぅ.....」

「はぁ...仁科....っぁ...仁科.....」


彼は私の名前を呼んだ。
そして右手で、背中や、腰回りをゆっくりと撫で回した。


「ぁぁー...っ...」

「ぁぁ....」

「最高......だよ.....」


彼はお尻の丸まった部分を一通り撫でると、自らのペニスの付け根、私との接合部に触れる。


「綺麗な...お尻の穴」

「ぁぁ....」

「ぁぁっ...!」


どこに触れられても敏感だった。

そしてどこをどうされても良いと思った。

終わり
(皆様の「拍手」や「ランキングボタン押下」が何よりの励みになります!何卒⬇︎を..)


なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)

官能小説ランキング
(C)2018 体験談 :あたたら 無断転載禁止
できればフォローして下さい..(更新情報など、他)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

タグクラウド