FC2ブログ

記事一覧

【女性向け】スケコマシに堕とされた件 その8

前回、その7はこちら

その1から読む場合はこちら


「洋介......洋介...くん..」


ベッドの上で、私は性に奔放で積極的な女であり続けた。

いつもはどちらかと言うと受け身な方だが、横たわる彼に迫り、進んで愛撫に勤しむ。

「ぁぁ....」

「好き......」


好きと言う言葉が何故かすらすらと口をついて出てきて、私はそれを感嘆詞のように使った。

「好き....好き...」


彼の上に跨り、彼の唇を吸う。
そして、首筋に舌を這わし、胸元へ。

乳首に舌を当て、チロチロと舐め、少し乱暴に吸い、舌先で転がした。


「ぁぁ...っ..うぁ..」

「ぁぁ...クミ..」

「ぁあ..」


彼は掠れた声で反応し、私の手首や二の腕を掴む。


そして足を私に絡ませ、股間を擦り付ける。


ぐっ..ぐっと、彼の男性器が私に当たる。


「やっ...ぁ..」

「よ..洋介..」


私は自然と吐き出される声を我慢する事なく漏らし、丹念に彼の身体に口付けをした。


ちゅ....っ....

ぅ...ちゅ....

舌先は脇から下腹部へ。

ざらっとした毛の感覚がして、やがて上に向かって勃つ男性器触れる。


「はぁ...ぁぁっ...」

「んん..っ..」


それを咥え込み、奥まで吸う。


「あっ..!」

「ぁぁ....」


洋介が呻く。
そして足をジタバタとさせ、反応した。


「洋介...っ...」


私は目を閉じて、彼のペニスを一生懸命にしゃぶり、舌先を這わせた。

少し脳裏に浮かぶのは野口にしてあげた時の事。

『しっかり、舌を使って、そう』

『裏から下へね。』

『そう..手も使って』


彼は私にいちいち指示をし、私は盲目的にそれに従った。

まるで性器じゃ無い、大事な宝物であるかのように丁寧に、丹念にすること...


私はその時の事を恋人に再現していた。

口をすぼめ、舌先を尖らせ、先から滲み出てくる、ぬめぬめとした液を使って全体を愛撫する。


「っ...! ああっ.....」

「クミ....クミっ....!」


洋介はさらに悶えた。
そして手を伸ばし、首を少しもたげ問う。


「なんで...今日..?」


私は恋人が言いたい事がよく分かった。

いつも受け身で、自分からは積極的に求めたりしない私がどうしてこんなに積極的で淫靡なのかと。


「ふふ....」


私は笑顔を作って彼の顔に寄った。
キスを交わし、頰を撫で回した後で起き上がる。


そして足を開き彼に跨ると、股間を擦り付けた。

「今日は.........ね...?」


彼の亀頭が割れ目に触れた。

ねちょねちょとして、先っぽが少し入り込む。

「今日は......」


腰を下ろすと、それはめりめりと入り込む。

「今日は...そんな気分なの..」


息を吐き、腰を下ろすと、洋介の男性器がずっ、と私の中に入った。

「あっ...は....ぁぁ.」

「ぁぁ..ぁぁぁ..」


ずん、と言う刺激が私の身体の中を巡っていた。

「あぁ..っ..」

「クミ.....」

「クミっ...!」


洋介は私の名を呼び、叫んだ。

そして彼は普段はゴム無しでの挿入など許さない私のその行為の驚いているようだった。

その9はこちら


なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)

官能小説ランキング
(C)2018 体験談 :あたたら 無断転載禁止
できればフォローして下さい..(更新情報など、他)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

タグクラウド