FC2ブログ

記事一覧

彼女の事をみんくちゃんねるに投稿した


みんくちゃんねる

言わずと知れた、素人系画像投稿サイト。

俺もときたまお世話になっていて、若い素人女性が恥ずかしげも無く(時には顔出しで!)公開する、下着姿や、おっぱいを見せた画像や、肝心な部分(!)にモザイクを掛けた画像を堪能している。

ある時、俺は彼女の部屋でスマホを弄っていた。

座布団を枕に、テレビを片目で見ながらポチポチとニュースやら、まとめサイトやらを物色する。


そして彼女(同い年の23歳、入社1年目、専門店勤務)は隣で同じようにスマホを弄る。


そんな状況で彼女が徐に言った。


「あのさー」

「たっくん(俺のこと)」

「....何?」


不意に声を掛けられた俺は隣を見やった。

彼女は俺の方を見ていて、スマホの画面を差し出した。

「みんく...ちゃんねるって....」

「知ってる?」


画像には見慣れたサイトの様子が映し出されている。


「知ってる....けど。何..?」


ちょっと恥ずかしくはあった。
グラビアとかAVならともかく、みんく〜はちょっとマニアックな素人系サイト。

「女神」と呼ばれる女性が惜しげもなく(対価は無しで)、自らの裸を晒す。


彼女は続けた。

「私もーーーー」

「投稿して....みよかな」



照れながらそう言った。

「顔は出さないしーーーー」

「ちょっと....撮ってくれる?」


彼女は腕を畳み、シャツを脱ごうとしている。
そして俺が返事をしないうちに下着だけになると、

「撮って..」


とスマホを俺に差し出す。


「ええっ...?」

「ああ...」


俺は下着姿の彼女の姿を何枚か撮影した。

「うん...」

「そう.....」


彼女は腕を絡ませ、胸の谷間を作り、それをスマホのカメラに近づける。


「なんだ...か...」


何回かカシャカシャとし、画面越しに見ていると何だか催してきた。


「梨花...」

片手を伸ばして胸元に触れる。

「や..」


彼女が短く声を出して反応した。
指先は膨らみに沈み、さらにうにうにとすると、乳房自体が溢れて、ブラからはみ出す。


「ああ...えっろ..」


さらに何枚か撮った。

溢れてはみ出しそうな乳房、縁の色が違う部分だけが見えた状態の乳首、指先だけで隠した乳首。

「じゃあ...投稿...してみよっか」


俄然乗り気になった俺は、投稿の準備を進めた。

彼女は俺の膝の上に乗り、それを見ている。

当然、興奮しきった俺の股間硬くなっていて、彼女の尻をごつごつと突く。


「やあ...」

「いやぁ..」


彼女は俺の息子に手を這わせた。
そして、トランクスの脇から外に取り出すと、2、3度上下にしごいた。


「ちょっ...と..」


投稿の準備をしていた俺は、身体をくねらせて逃げた。

それでも一連の作業が終わると、

「ほら..」


と彼女に見せ、手を伸ばして抱き寄せた。


「なんか...興奮.....したね」


溢れたままの乳房の先端部分、淡いピンク色の乳首にキスをする。

そしてそのまま口に含み、舌を這わせた後で、軽く歯で噛んだ。

「う...ん..」


「なんだか....ね...」


彼女は相変わらず俺のことをシゴいていた。

そしてそのまま俺に体重を掛けて、抱きしめてくれ、と身体を合わせにきた。



なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)

官能小説ランキング
(C)2018 体験談 :あたたら 無断転載禁止
できればフォローして下さい..(更新情報など、他)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

タグクラウド